呼吸器内科

医師紹介

氏名 卒年 役職
秋田 憲志 H.4 呼吸器腫瘍センター長
呼吸器内科部長
高桑 修 H.12 呼吸器内科特別診療科部長
國井 英治 H.14 呼吸器内科副部長
山羽 悠介 H.19 医師
吉原 実鈴 H.23 医師
山田 一貴 H.30 シニアレジデント

▲ページの先頭に戻る

外来担当医表

詳しくは内科外来担当医表をご覧ください。

▲ページの先頭に戻る

診療科の概要

肺がんの診断・治療をはじめ、気管支喘息、COPD、肺炎等呼吸器疾患全般において診療を行なっています。特に肺がん診療においては、呼吸器腫瘍センターを開設し、最新の設備を備えて確実な診断をおこない、手術、放射線、陽子線、化学療法(抗癌剤、分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害剤)の全ての治療選択肢の中から患者さんの個々の状況に応じて、1次治療だけでなく、2次治療以降まで想定して最も適した治療を選択し安全に治療が行えるように体制を整えています。また、肺がんに関するさまざまな不安や治療方針に関する相談も随時受け付けております。

主な対象疾患

肺がん、気管支喘息、COPD、自然気胸、肺炎、非結核性抗酸菌症、間質性肺炎など

主な設備

CT、MRI、PET-CT、気管支鏡検査、超音波内視鏡(EBUS-GS、EBUS-TBNA)、BF-navigation放射線治療設備(Novalis Tx、陽子線治療)

主な検査と治療

気管支内視鏡検査、CTガイド下経皮肺生検、肺機能検査、胸腔穿刺など

ページの先頭に戻る