看護部

Previous Image
Next Image

info heading

info content


看護部長挨拶

看護部では、「私たちは、専門的な知識と技術により、患者さんを尊重した温かく質の高い看護を提供します」を理念として、医師や他職種、患者さんとご家族を含めた医療チームの一員として協働しています。

安全で質の高い看護を提供するために、7対1看護体制を実施するとともに、段階的研修による職員の資質向上とキャリア開発を支援しています。

がん看護関連、新生児集中看護など認定看護師育成の他に、看護相談、医療安全管理活動に取り組んでいます。

また、住居手当の充実や育児休業制度、24時間保育など働きやすい環境を整備しています。

                                            山本 あゆみ

山本看護部長

▲ページの先頭に戻る

看護部理念

私たちは、専門的な知識と技術により、患者さんを尊重した温かく質の高い看護を提供します

▲ページの先頭に戻る

基本方針

  1. 安全で快適な質の高い看護実践に努めます
  2. チーム医療の一員として他職種と協働します
  3. 地域との連携を推進し、看護の継続を図ります
  4. 専門職として自己研鑚と人材育成に努めます
  5. 病院の健全経営に参画します

▲ページの先頭に戻る

看護部教育方針

教育理念

人間性豊かな専門職業人として、責任を持って質の高い看護サービスが提供できる人材を育成します。

教育目的

  1. 専門職としての実践能力向上を支援します。
  2. 学習する職場風土づくりを行い、看護職員個々のキャリアアップを図ります。

▲ページの先頭に戻る

教育目標

  1. 専門知識・技術を習得し、患者の状態と状況を的確に判断し、根拠に基づいたケアが実践できる。
  2. 専門職業人として自立し、自己の看護実践能力を開発発展させることができる。
  3. 医療チームの一員としてより良い人間関係を保ち、自己の役割を果たし、社会人として責任をもち主体的行動がとれる。

▲ページの先頭に戻る

看護部教育体制

  1. 看護部は教育目標達成のためキャリア支援委員会、新人育成委員会、助産師育成部会を設置する。
  2. キャリア支援委員会は全看護職員を対象にキャリア開発支援を行い、新人育成委員会は新人看護職員の教育にあたる。助産師育成部会は助産師のマタニティケア能力の開発支援を行う。また、他の委員会は各役割に応じて院内教育活動に参加し支援する。

教育体制図

▲ページの先頭に戻る

教育の実際

当院では、看護の質の維持・向上のためにキャリア開発ラダーを採用しています。
職員各自が、組織の段階的教育支援を受けながら、看護実践能力を開発向上することでキャリアアップを図っています。
また、長期研修派遣制度により認定看護師取得を支援するなど、職務満足度の向上を目指しています。

キャリア開発ラダー図

▲ページの先頭に戻る

看護職員研修計画

 

  研修名 目的 目標









オリエンテーション 組織の一員としての自覚を持ち、自立できる能力を養う 1)西部医療センターの概要と各部門の機能を理解する
2)職業人としての自覚を持ち、看護師としての役割と責任を理解する
病院紹介・部門紹介
看護専門職基礎
看護部の組織の一員としての自覚を持ち、自立できる能力を養う 1)看護部の組織と機能を理解する
2)職業人としての自覚を持ち、看護師としての役割と責任を理解する
電子カルテ操作研修 電子カルテの操作方法を習得する 1)電子カルテEGMAIN-GXのシステムについて理解する
2)電子カルテの操作方法がわかる
ビジネスマナー ・自律型人材に向けて基本を身につける
・組織目標へ貢献できる人材として基本を身につける
・多様性から学ぶ対話の基本を身につける
マネジメント 病院・看護部の理念に基づいて、組織の一員として責任ある行動をとるための管理的視点を身につける 1)チャレンジシートの書き方がわかる
2)人事評価表の書き方がわかる
3)看護師の役割と責任、メンバーシップがわかる
看護者の倫理 看護者の倫理綱領について理解する 専門職業人としての自覚を持ち、看護者の倫理綱領に基づいた看護師としての役割と責任が言える
看護記録 看護記録の記載基準を理解する 看護記録記載基準に沿った記録方法がわかる
クリニカルパス クリニカルパスについての知識を習得する 1)パスの基本的知識を得る
2)バリアンス発生時の対応がわかる
看護過程 基礎 看護過程の展開を行うために必要な基本的知識を身につける 看護過程の展開について理解できる
新人看護職員 PNS パートナーシップ・マインドを育て、1年目看護師としての役割がわかる 1)パートナーシップマインドの3つの心について理解する
2)パートナーシップに必要な3要素について理解する
3)パートナー、パートナーシップ、補完について理解する
メンタルヘルス ストレスの対処法を知り、メンタルヘルス不調を防ぐ  
フォローアップ 心身のリフレッシュを促進する 1)質の高い休息を取る方法がわかる
2)問題解決に向けて同期と共同する方法が分かる
看護補助者同行 看護補助者の役割や機能を理解し、今後の看護活動に活かす 看護補助者の役割と業務内容を知り、看護チームにおける協同の重要性がわかる
ローテーション 他部署での看護を体験し看護の視点を広げる 1)他部署での看護を体験することにより、自部所との違いがわかる
2)未経験項目の見学体験ができ、学習を深める機会になる











|
基本的看護技術
 与薬の技術①
 ・薬剤の管理
薬物療法を安全・確実に実施するための基本的な知識を身につける 1)薬物療法に使用される薬剤の種類・用法・副作用がわかる
2)薬剤の管理方法がわかる
基本的看護技術
 与薬の技術②
 ・薬剤の調整
 ・皮下注射
 ・筋肉注射
 ・静脈内注射
 ・輸液ポンプ・シリンジ
  ポンプ
注射を安全・確実に実施するための知識・技術を習得する 1)皮下注射・筋肉注射の方法と安全確保のための注意点がわかる
2)静脈内注射の方法と安全確保のための注意点がわかる
3)輸液ポンプ・シリンジポンプの作動方法・アラーム対応方法がわかる
基本的看護技術
 与薬の技術③
 ・点滴静脈内注射
点滴静脈内注射(静脈留置針挿入)を安全・確実に実施するための知識・技術を習得する 1)看護師の静脈注射における基本理念と実施範囲がわかる
2)点滴静脈内注射(静脈留置針挿入)の方法と安全確保のための注意点がわかる
3)点滴静脈内注射(静脈留置針挿入)実施中の患者の観察ポイントがわかる
基本的看護技術
 与薬の技術④
 ・輸血
 ・麻薬
 ・がん化学療法
輸血や麻薬の与薬、がん化学療法を安全に実施するために必要な基本的知識・技術を習得する 1)輸血や麻薬、がん化学療法の基本的知識(保管・管理・実施)を得る
2)輸血・麻薬・がん化学療法の安全な実施方法がわかる
3)輸血・麻薬・がん化学療法を使用している患者の観察ポイントとその重要性がわかる
基本的看護技術
 感染予防技術
院内感染対策に必要な基本的知識・技術を習得する 1)医療関連感染および標準予防策・感染経路別予防策についてわかる
2)擦式消毒剤使用による手指衛生ができる
3)個人防護用具の着脱ができる
4)無菌操作の基本がわかる
5)医療廃棄物規定に沿った適切な取り扱いについてわかる
6)針刺し・切創防止策と事故後の対応についてわかる
基本的看護技術
 安全確保の技術
患者の安全確保のための基本的知識・技術を習得する 1)誤薬防止の手順に沿った与薬方法がわかる
2)患者誤認防止策の実際がわかる
3)安全な療養環境についてわかる
基本的看護技術
 創傷管理技術
褥瘡を予防するための基本的な知識・技術を習得する 1)褥瘡を予防するための日常生活援助方法についてわかる
2)褥瘡対策に関する診療計画書の記載方法・活用方法がわかる
基本的看護技術
 症状・生体機能管理技術
静脈血採血を安全・確実に実施するための知識・技術を習得する 静脈血採血の方法と安全確保のための注意点がわかる
基本的看護技術
 活動・休息援助技術
体位変換・移乗・移送を安全・安楽に実施するための知識・技術を習得する 1)安全・安楽な体位変換・移乗・移送の方法がわかる
2)ボディメカニクスの活用方法がわかる
基本的看護技術
 呼吸・循環を整える技術
酸素吸入・吸引を安全・確実に実施するために必要な知識・技術を習得する 1)酸素吸入療法の種類・方法についてわかる
2)酸素ボンベの取り扱いがわかる
3)口腔内吸引・鼻腔内吸引の方法と安全確保のための注意点がわかる
基本的看護技術
 食事援助技術
SGAシートの記載方法・活用方法を習得する 1)NSTの役割についてわかる
2)SGAシートの記載方法・活用方法がわかる
基本的看護技術
 清潔・衣生活援助技術
口腔アセスメントシートの記載方法・活用方法を習得する 口腔アセスメントシートの記載方法・活用方法がわかる
基本的看護技術
 重症度、医療・看護必要度
「重症度、医療・看護必要度」の必要性を知り評価に活用できる 看護必要度の目的と評価方法がわかる
基本的看護技術
 救命救急処置技術
 ・BLS
救命救急時に必要な基本的な看護を身につけ実践に活かす 1)救急患者のフィジカルアセスメントがわかる
2)成人を対象とした一次救命処置技術ができる
3)救急場面で指示のもと看護対応ができる
基本的看護技術
 救命救急処置技術
 ・挿管介助
気管挿管介助に必要な知識・技術を習得し実践に活かす 1)気管挿管の準備と介助の方法がわかる
2)BLSアルゴリズムに従い行動できる
3)チームメンバーへの応援要請ができる
基本的看護技術
 多重課題
複数患者受け持ちによる多重課題の状況下において、優先度や安全に配慮した判断力を養い実践に活かす 1)優先順位を考えた複数患者のアセスメントができる
2)状況に応じてチームメンバーへSBARでの報告・連絡・相談ができる
看護倫理Ⅰ 患者の生命や人権を尊重するために、倫理的な実践を導く方法を習得し実践に活かす 1)「倫理的な実践を導くための手引き」の活用方法がわかる
2)倫理的意志決定プロセスに沿った事例の展開方法がわかる
マネジメントⅠ 病院・看護部の理念に基づき組織の一員としての役割・責任を理解し、管理的視点を身につける 1)2年目に向けて、組織の一員としての役割・責任がわかる
2)看護実践における管理的側面が理解できる
3)自己の看護を振り返り、自己課題を見い出すことができる
看護過程Ⅰ 担当患者の個別性を考慮した看護過程を展開する能力を養い実践に活かす 1)担当看護師の役割を理解する      
2)看護過程の展開について理解する
3)看護サマリーについて理解する
死後のケアⅠ 死後の処置と家族への看護ケアを理解し実践に活かす 1)医療行為による侵襲や病状などによって失われた生前の姿を可能な範囲で取り戻し自然で安らかな姿に整えられる
2)ご遺体を清潔にし、細菌の繁殖や悪臭の発生を抑えることがわかる
3)遺された家族のグリーフワーク(悲嘆回復)を支援方法がわかる


|
マネジメントⅡ チーム目標を達成するために必要なマネジメント能力を身につけ実践に活かす 1)看護部の理念に基づく病棟目標を理解し、小集団活動チームの自己の役割がわかる
2)目標管理とマネジメントについてわかる
3)チーム目標を達成するための小集団活動計画を立案する
4)業務改善につながる取り組みを報告する
フィジカルアセスメント 患者の異常の早期発見、早期診断を行うためのフィジカルアセスメント能力を養い実践に活かす 1)五感によるバイタルサイン測定ができる
2)フィジカルアセスメントにより、患者に起こっている状態等の緊急性や重要性が判断できる
看護倫理Ⅱ 看護実践における倫理的問題に気づき、解決に向けて行動できる能力を養う 1)倫理的意思決定プロセスについてわかる
2)看護実践における倫理的問題を明らかにし、チームカンファレンスにより解決策を導ける
看護観Ⅱ 自己の看護実践論を明確にし看護観を深める 1)看護実践を通して心に残った場面や事例を振り返り(内省)、看護を語る
2)経験からの学びを意味づけし、看護に対する考えをまとめる
3)自己の看護を言語化し看護観を明確にする


|
マネジメントⅢ 部署や委員会目標を達成するために必要なマネジメント能力を身につけ実践に活かす 1)看護部の理念と方針を理解し、看護チームの自己の役割がわかる
2)看護チームにおけるマネジメント、マネジメントサイクルについてわかる
3)部署や委員会目標を達成するためのチームの目標設定・活動計画を立案する
4)マネジメントサイクル・PDCAサイクルを回しながら看護の質向上につながる取り組み(データに基づいて)を報告する
看護倫理Ⅲ 患者-家族-看護師-医師等に発生している倫理的問題の解決に向けて行動できる能力を養い実践に活かす 1)倫理的意思決定場面において実践モデルとなるための必要な知識と態度を理解する
2)倫理的意思決定場面における問題解決方法を理解する
3)他職種カンファレンスを主体的に開催しファシリテーターの役割ができる


|
マネジメントⅣ 安全で質の高い看護を提供するために、組織上の問題を明確にし業務改善に取り組む 1)問題解決に必要な論理的思考がわかる
2)問題の種類と問題解決の方法がわかる
3)看護部・部署・委員会の問題を検討し実践のスキルを身につける


|
マネジメントⅤ 病院・看護部目標を達成するために必要なマネジメント能力を身につける 1)組織目標の立案、人材育成・資源の有効活用等についての知識を得る
2)組織運営・勤務計画・労務管理、面接技法、評価方法等についての知識を得る





看護研究相談会 看護研究活動に取り組み看護実践の質の向上を図るとともに研究能力を養う  
看護研究発表会    
キャリアデザイン 自己のキャリアデザインについて考えを深める 専門分野を見極めた進路選択について考えることができる
後輩に伝えたい看護 自分の看護を振り返り、自分らしい後輩育成を考え実践に活かす 1)看護の原点を振り返る
2)後輩育成のケーススタディから自己の指導を振り返る
3)自分らしい後輩育成を考える
新人指導者の育成 部署全体を巻き込んだ新人育成を実践するためのスキルを身につける 1)指導に使えるリフレクションの方法を理解することができる
2)新人と指導者の行動変化につながるフィードバックの方法を理解することができる
実地指導 実地指導者の役割、教育体制等について理解し新人指導に活かす 1)看護基礎教育の現状、新人看護職員の特徴について知る
2)新人看護職員研修ガイドラインの概要を知る
3)実地指導者の役割がわかる
実地指導
~教え方のスキルを磨く~
効果的なOJTを行うための教え方のスキルを習得し指導に活かす 1)トレーニングとコーチングの方法がわかる
2)筋道立てた説明の仕方がわかる
3)思考を促す質問・傾聴のスキルについてわかる
4)効果的なフィードバックの方法がわかる
実地指導者フォローアップ ①② 新人看護職員を支援するために必要な知識・技術・態度を習得し実践に活かす 1)指導上の悩み・困りごとなど問題を共有し、解決するための方法を考える 
2)実地指導者としての自己の課題に取り組む
がん看護1 がん患者の基本的知識を習得し看護実践に活かす 1)がん医療とがん患者の動向について知る
2)がん患者のこころの変化を理解した基本的なコミュニケーションスキルがわかる
3)患者の権利を尊重した意思決定支援の方法について理解できる
がん看護2 症状マネジメントについて基礎的知識を習得し看護実践に活かす 1)がん患者のセルフマネジメントの必要性がわかる
2)がん患者の症状マネジメントを支援するための方法が分かる
3)手術療法の心身へ及ぼす影響を理解し手術前後のケアがわかる
がん看護
 緩和ケア
緩和ケアの重要性を理解し、がん患者と家族を全人的に捉える能力を身につけ看護実践に活かす 1)緩和ケアにおける症状緩和とQOLの向上を目指した療養生活を支援するための基本的な知識を得る         
2)がん患者を全人的に理解し、アセスメントに基づいた看護援助方法がわかる
がん看護 
 放射線療法
がん放射線療法の特性を理解し、放射線療法を受ける患者に必要な能力を身につけ看護実践に活かす 1)放射線療法の基本的な知識を得る
2)放射線療法に伴う有害事象に対する援助がわかる
3)放射線療法を受ける患者の生活支援方法がわかる
4)放射線療法の実践における患者・医療者の安全がわかる
がん看護
 薬物療法
がん薬物療法の特性を理解し、薬物療法を受ける患者の看護に必要な能力を身につけ実践する 1)がん薬物療法に使用される薬剤の特性を知る
2)がん薬物療法のレジメンの概要がわかる
3)がん薬物療法を実施する際の注意事項がわかる
4)がん薬物療法を受ける患者の生活上の注意点を理解することができる
看護過程 根拠を明確にして看護診断を決定し、個別性を考慮した看護過程を展開する能力を養う 1)中範囲理論についての理解を深める
2)看護診断における中範囲理論の活用方法がわかる
3)中範囲理論を活用し、根拠に基づいた看護診断・看護計画・看護実践・評価を行い、看護問題の解決に取り組む(事後)
PNS パートナーシップ・マインドを理解し、パートナーやペアとしての役割を果たすことができる 1)後輩・学生とのパートナーシップについて理解する
2)パートナーシップに必要な3要素について理解する 
3)パートナーシップマインドの3つの心について理解する
退院支援 地域包括ケアシステムにおける急性期病院の役割を学ぶ 1)退院調整に関わる診療報酬の内容がわかる
2)在宅療養を支える社会的資源がわかる
3)患者の状況に応じた在宅療養への移行支援を考えられる(事後)
訪問看護見学実習 在宅療養への移行を円滑に行うための地域医療機関との連携のあり方を考える 1)訪問看護ステーションの機能を学ぶ
2)在宅療養の現状を知る
3)退院後の療養生活を具体的にイメージすることができる
4)急性期病院の看護師の役割が理解できる
医療安全 安全で質の高い看護を提供するために、部署の問題に気づき解決に取り組む能力を養う 1)医療安全文化とは何かが分かる
2)I/A事例から、再発防止の対策を導き出す方法が分かる
認知症看護 認知症看護について基礎的知識を習得し、看護実践に活かす 1)認知症の原因疾患と病態・治療が理解できる
2)認知症看護に必要なアセスメントがわかる
3)コミュニケーション方法や環境整備方法がわかる
4)認知症に必要な倫理的問題や意思決定支援方法がわかる

研修風景研修風景

▲ページの先頭に戻る

認定看護師

がん化学療法看護認定看護師

 がん薬物療法は、がんと診断され治療選択をした時から始まり、長期にわたる治療です。
 患者さんが納得し安心して、日常・社会生活と両立して治療を受けられるようにすることを目標にしています。その中でがん薬物治療を安全・確実に、そして苦痛が少ない状況で、予定された治療を最後まで続けられるようにサポートしていきます。
 がんであっても、自分らしく生きられるようにすることを大切にしています。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師

 当院では、人工肛門・人口膀胱を保有している方が生活する上での悩みや問題に対して、ストーマ外来で対応させていただいています。ひとりで抱え込まずに相談してください。
 院内の褥瘡対策に積極的に関わり、予防方法や褥瘡を持つ患者さんへのケア方法や体圧管理の方法など病棟スタッフと共にその患者さんにとって最適な方法を考えていきます。

 

新生児集中ケア認定看護師

 ハイリスク新生児の状態変化を予測し、予防的観点から働きかけ、生理的安定と成長発達への個別的なケアの実践を行っています。また心理的に危機的状態に直面している家族へ、不安の軽減や円滑な親子関係が築けるよう支援します。
 周産期関連病棟スタッフに対し、新生児蘇生法の普及や専門知識と技術の指導を行い、医師を含めた新生児を取り巻くスタッフがより良いケアを実践できるように日々活動し、新生児が家族のもとで安心して過ごせることを目指しています。

 

緩和ケア認定看護師

 「緩和ケア」はがん等の重い病気を抱えている患者様の身体や心のつらさを和らげ、自分らしい生活を送るための医療やケアです。患者様やご家族がよりよく生活できるように、より楽に治療が受けられるように不安や心配、希望などを聴き、生活上の様々な工夫を一緒に考えたり、治療方針や療養に関する意思決定の支援をしています。他職種とも連携し、いつでも緩和ケアに関する相談や支援を受けられる体制を整えています。

 

感染管理認定看護師

 「全職員が同じ理解の元、感染対策に取り組み感染拡大を防止すること」を目標にし、患者さま、面会者や働く職員を感染から守るために、多職種で連携して活動しています。活動内容は、院内感染対策マニュアルの整備、医療関連感染サーベイランスの実施、職業感染防止、職員教育など多岐に渡ります。「手指衛生は感染対策の基本」を職員に周知するために、毎年、手指衛生フォーラムを開催しています。

 

手術看護認定看護師

 腹腔鏡手術やロボット支援下手術など低侵襲手術を行っており、入院日数が短縮されています。その中で手術決定から手術中、回復期の周術期を患者さまが安心して治療が受けられるように、他職種や外来・病棟看護師と連携して手術前からかかわり、ひとりひとりに合わせた看護を実践しています。また看護スタッフへ周術期における専門的な知識を提供して安全な手術が実践できるように支援しています。

 

がん放射線療法看護認定看護師

 当院は陽子線治療施設を有し、がん病巣に集中して治療を行うことができ、以前は治療が難しかったがんにも高い効果が期待できます。私たちは、患者さまが受けられる放射線治療・陽子線治療の計画をもとに、症状の予防や緩和のためのケアについてわかりやすく説明します。そして、医師や治療に関わるスタッフと協力して患者さまが長期の治療を乗り越えられるよう一緒に考えていきます。ぜひご相談ください。

 

乳がん看護認定看護師

 乳がんになる人は年々増えています。また、乳がんの治療は多様化し、乳房再建、遺伝子変化、妊娠・出産などを考えながら、治療を選択していくことになります。乳房に対する思いや価値観を大切にし、患者さんが納得し、治療を受けながら大切な日常生活を送ることができるよう支援いたします。

 

救急看護認定看護師

 当院は二次救急医療施設です。救急外来では24時間体制で患者さんの受け入れをしています。受診される患者さんへの迅速な救命技術の実施、高度医療を受ける重症患者さんへ安全でより質の高い看護を提供し、社会復帰を目指します。危機状況にある患者さんとご家族の精神面の看護も大切にしています。

 

がん性疼痛看護認定看護師

 がんの痛みを抱える方の苦痛を緩和するために、痛みの治療(鎮痛剤の使い方や副作用対策など)や、それに伴う不安など精神的な苦痛などの相談を行い、痛みを緩和して患者さんやそのご家族が安心して自分らしい生活が送れるよう支援します。
 またがん看護外来では、患者さんの心配事や意思決定など、医師とともに不安なく治療・療養ができるよう支援していきますのでお気軽にお声かけください。

 

ページの先頭に戻る